命の危機に瀕する病気

医者

胆のうがんはあまり知られていない可能性のある癌の一種ですが、人間の身体に大変な影響を及ぼすことが分かりました。癌はもちろん恐れなければいけない病気の一種なので、早期発見に努めていけば必ず抑えられると思います。

詳しく見る

自分の体は自分で守ろう

バスト

乳がんは最近では若い人にも、増えてきているがんです。若いからと言って安心せず、検診をしっかり受けてください。また、定期的なセルフチェックも合わせることにより、さらに早期発見が期待できます。自分の体は自分で守っていきましょう。

詳しく見る

生存率が高い

ドクター

食道がんは男性が女性より多く発症します。胃の検診を行うときに同時に食道も検査するようになったことで、早期に発見することができるようになりました。治療技術も開発されて手術を行った後の生存率も年々と高まってきています。

詳しく見る

乳房に注意して予防を

胸元

日本人女性の乳がん羅患率は上がってきています。それに伴い乳がんの死亡率も上がっています。他人ごとではなく自分も乳がんになるかもという意識のもと、自己触診、乳がん検診を定期的に行い、早期発見につとめることが大切です。

詳しく見る

知っておくべきがんの知識

ハート

肝臓がんは初期症状が非常に気づきにくい事が特徴です。具体的には、疲れが取れなかったり、軽い腹痛が起きたりします。悪化するとみぞおちにしこりを感じるようになります。こうした肝臓がんを予防するために、コーヒーを毎日飲む事、血液検査をしてウイルスに感染していないかを知る事が有効です。

詳しく見る

基本となる2つの手術法

ナース

内視鏡手術

大腸がんの治療方法は大きく分けて、2つに分類されます。大腸がんの検査や診断の段階で、特に有効な機器に、内視鏡というものがあります。先端を体内に挿入することで、内部の映像を手に取るように見ることができる機器です。患部の表面を拡大して観察することもできるため、より綿密な治療を行うことができます。これを利用したものが、1つ目の治療方法である、内視鏡手術です。腫瘍の大きさや進達度によって、内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術などが使い分けられます。これらが適用されるのは、がん細胞がリンパ節に転移しておらず、進達度が粘膜に留まっている、いわゆる病気の初期の段階に限られます。

外科手術と、補助的方法

2つ目は、大腸がんの治療で最も基本となる、外科手術です。ある程度進行してしまった大腸がんは、内視鏡のみでは治療が不可能になり、患部と周囲の臓器をまとめて切除する必要が出てきます。その際に切除する筋肉や神経によっては、排便や性機能に障害が起きる可能性も出てしまうのが難点です。内視鏡治療と外科手術の際に、合わせて使われることが多いのが、放射線治療です。がんの苦手な高エネルギーのX線を体外から照射することで、手術前に腫瘍の大きさを縮小させます。その他として、化学療法が使われることもあります。ただし、手術後のがん再発を抑えるための役割、もしくは手術でも根本的な治療が見込めないケース対する、延命措置として使用されます。

Copyright© 2017 大腸がんを治療する【ヘルス支援活動部隊】 All Rights Reserved.