早く見つけることが大切

ドクターとナース

大腸にできるがんです

私たちの身体は、口から食べた食物を胃で消化し、小腸で栄養分を吸収してから、大腸で水分を吸収して肛門から排泄します。そして、大腸に発生するがんを大腸がんと呼びます。大腸は、盲腸から始まって上行結腸と横行結腸、次に下行結腸とS字状結腸、そして直腸から肛門へと続きます。大腸がんとは、これらの粘膜にできるがんのことで、腺腫と呼ばれる良性の腫瘍から発生したり、直接正常な粘膜から発生する場合があります。いずれにしろ、大腸がんの進行はゆっくりとしたものですが、次第に大腸壁内部へ深く入り込み、リンパ管を伝って他の臓器に転移していくのです。大腸がんの発生は、50歳を過ぎた頃から増加し、女性よりも男性に多くなる傾向があります。

症状

大腸がんの症状について説明します。大腸は長い腸管ですから、がんができた場所で症状が異なってきますが、一般的には血便や下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細くなったり残便感を感じたりします。さらに、お腹が張ったり、腹痛や原因不明の体重減少等が見られる場合もあります。中でも、血便が多く見られるため、血便が出るようになったら早めに消化器科や肛門科を受診しましょう。大腸がんは進行が遅いため、早く見つけることが大切です。今では内視鏡で検査をしながら摘出することも可能です。そして、早期に摘出することができれば完治する確率も上がるのです。ですから、毎年人間ドック等を受けて定期的に大腸がんの検査をしてもらう必要があるのです。

Copyright© 2017 大腸がんを治療する【ヘルス支援活動部隊】 All Rights Reserved.