命の危機に瀕する病気

医者

悪性腫瘍にご注意

人間は体内の臓器が働かなくなると死に至るという危険性と背中合わせにある動物です。臓器はそれだけ人間にとって大事なものということを改めて実感してもらえると嬉しいです。例えば癌は様々な臓器に悪影響を及ぼします。肝臓癌や肺癌、喉頭癌や胆のうがんなど多種の働きを行う臓器は癌に侵されやすいです。胆のうがんというのはあまり聞きなれないかもしれませんが、胆のうがんによっての死亡率は年々増加傾向にあります。悪性の腫瘍が胆のうにできてしまうことによって死に至るというケースが多いのは、70代などの高齢者によくあり得ることだそうで、胆石症や胆のう炎など、様々な症状が胆のうには発生しやすいらしいので、高齢者などは十分ご注意願います。

主な治療法など

では胆のうがんになった場合治療はどうすれば完治するのかというと、手術による治療、抗ガン剤などの化学物質による治療、放射線による治療など様々な治療法が発見されています。手術治療におきましては、胆のうを全摘出しなければならないという可能性があります。治療も時間がかかりますが、全摘出することによって完治は早いです。抗ガン剤治療は胆のうを摘出することはありませんが、治療に時間がかかります。また副作用により髪の毛が抜けたりすることもありますので、化学物質による治療法は注意点もあるのです。放射線治療は短時間での治療により完治も早いです。しかし、費用が高くついてしまう可能性もあります。自分に合った治療方法を選ぶようにしましょう。

Copyright© 2017 大腸がんを治療する【ヘルス支援活動部隊】 All Rights Reserved.