知っておくべきがんの知識

ハート

現代の日本において死亡理由で最も多いのが、がんによるものです。がんは現代病とも、生活習慣病とも言われています。「がん」といっても様々な種類がありますが、その中でも肝臓がんはがんの死因では上位に位置するものです。肝臓がんの特徴は、初期症状はがんだと自覚できるようなことはあまりないことです。なぜなら、初期症状は栄養代謝能力の低下によって起きる軽い倦怠感や、疲れが取れにくくなる、といったものだからです。こうした症状だけで「がん」と自覚できる人は多くありません。他の症状として、食欲不振や腹痛、肝臓の炎症による発熱といったものがありますが、どれも風邪など他の病気と思えるようなものです。肝臓がんが悪化するとみぞおちにしこりを感じるようになります、異変を感じたら病院で診断してもらう必要があります。

比較的死亡率が高く、初期症状がわかりにくいのが肝臓がんです。最も有効な手段は肝臓がんにならないように普段の生活から予防する事です。そのために注目されているのがコーヒーを摂取する事です。コーヒーを飲まない人に比べて、コーヒーをほぼ毎日飲む人は肝臓がんの発症率は約半分になった、という研究データがあります。更に、毎日5杯以上コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて25%の発症率だった、という結果があります。コーヒーのどの成分が具体的に肝臓がんの予防に有効なのかはまだ明らかになっていません。また、他に予防するための手段として血液検査をすることです。肝臓がんの原因のほとんどは、B型肝炎ウイルスかC型肝炎ウイルスの感染によるものです。そこで血液検査をすることで、感染していないか把握しリスクを知る事が重要です。

Copyright© 2017 大腸がんを治療する【ヘルス支援活動部隊】 All Rights Reserved.