更年期の心構え

女性

変化を受け入れる

自分は更年期障害にならないだろうと思っていても身体と心に影響がない人はほとんどいません。多くの女性が経験することになります。閉経前の女性は卵巣で作られるエストロゲンという女性ホルモンが急激に減ります。女性ホルモンのバランスが乱れることによって、精神的にも肉体的にも色々な影響を及ぼしてしまうのです。現れる影響には個人差があります。自然に更年期障害の症状が治まることもあれば、長期に渡って苦しむこともあります。更年期の症状が出て、自分自身で抑えることが出来なくなった場合には専門の病院で治療を受けてください。ホルモン剤を投与したり安定剤を服用することで、更年期障害の辛い症状を抑えることができるでしょう。

自分で出来る改善法

更年期の症状が酷くならないためには自分自身で対策を行うことも必要です。更年期障害はストレスが溜まると更に悪化してしまうので、ストレスを発散出来るような趣味などを見つけておきましょう。仕事や家庭環境によってストレスが溜まってしまう事もあるかもしれません。我慢していると症状が悪化する一方で日常生活にも支障をきたすこともあるかもしれません。また、日頃の運動不足も更年期の症状を強くする原因にもなりかねませんから、日頃から対策として軽い運動などを習慣として行いましょう。更年期に効果のあるサプリや漢方を飲んで対策を取るのも良いかもしれません。更年期障害は一過性のものですからいつかは収まります。酷くならないように対策をして上手に付き合うことも大切です。

Copyright© 2017 大腸がんを治療する【ヘルス支援活動部隊】 All Rights Reserved.