転移したがんの治療

病院

免疫療法の活用

転移がんはある組織で発生してしまったがんが他の組織にまで移動してしまって発生することになるがんであり、がんの進行とともに起こりやすくなるという特徴があります。こうなってしまうと外科的にがんの組織を切除したり、放射線でがん細胞を死滅させたりするのが難しくなります。しかし、免疫療法を利用すると解決できる可能性があります。転移がんがどの組織にできてしまっても、その由来は同じがんであり、それに対して有効な抗体を生み出すことができれば転移がんの全てに対して有効に働く可能性があるからです。これが第四の治療法とも呼ばれる免疫療法の特筆すべき点であり、他の治療法によって改善ができなくても治療を見込むことができるのです。

実施例の必要と需要

免疫治療は転移がんに対して有効性が期待できる手法ではあるものの、まだ実施例が少なくて発展途上にあると言わざるを得ません。同様に着目すべきなのが遺伝子治療ですが、これもまだ応用の可能性を秘めているだけであって実施例の増加が必要とされています。しかし、がんが徐々に進行してしまって転移がんになってしまうことは多く、その治療を求めている患者が多いのが事実です。そのため、実際に臨床現場での応用が進み、実施例が増えていくと予想されます。それによって確かな実績と確実性の高いプロトコルが確立されることによってより多くのがん患者を救えるようになっていくでしょう。転移がんにおいてはその有力候補となるのが免疫治療です。

Copyright© 2017 大腸がんを治療する【ヘルス支援活動部隊】 All Rights Reserved.